キャンピングカーのある生活

家族でキャンピングカーに乗って、お出掛けしています。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、リアベットの寒さ対策でFFヒーターのダクトを増設しましたが、ちょっと気にある所があったので
プチリフォームしました。

作業前はこんな感じでした。

006_convert_20101114141854.jpg


それが、ダクトを増設するとこうなりました。

20101114_015.jpg

これで、リアベットがかなり快適になる事でしょう。

でも・・・・・・・・ちょっと気になりません?
取り付けした板が周りからちょっと浮いた感じがするのですが・・・・・・・

で、ここを今回手を加えるとこうなりました。

20101122_002.jpg

落ち着いた色合いが周りといい感じになったような気がします。

で、今回の材料費は105円でした。
100均で粘着つきシートを買ってきて貼り付けただけですが、そこは丁寧にせっかく取り付けた物を全部取り外した後
シートを貼り付けてから、元のように戻しました。

近くで見てもなかなかいい感じです。

ついでに、もうひとつ作業をしました。

作業前はこれです。

20101122_003.jpg

で、作業後がこれです。

20101122_004.jpg

ココの吹き出し口をこのタイプにすることで、全体の風量をコントロールする事が出来るようになり
温度ムラを抑える事が出来るのではないかと期待しています。

注意点としては、これですべての吹き出し口を閉める事が出来るようになってしまったので、ココは要注意です。
どこか一箇所のダクトが開いていないとトラブルに成るようです。

まー我が家はそんな几帳面な人がいないので、そんな心配はないようですね!

                              にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
以前から、気になっていた事がやっと出来ました。

構想3日、作業半日ですが、効果はかなり期待出来そうです。

それは、何かと言えば・・・・・・・ベバストのダクト口の増設です。
何処に、増設したかと言えば・・・・・・今までのココが
006_convert_20101114141854.jpg

こんな風になりました。
016_convert_20101114142120.jpg

マイキャンカーはリアに常設2段ベットがあるのですが、今までは荷物置き場となっていました。
何しろ、夏は暑いし、冬は寒いしでベットとしての機能を発揮する事はなかなか無かったです。

しかし、子供たちの成長と共に必要に迫られてきたので、今回の作業となりました。

以前から、なんとなく構想はあったのですが、現状確認などに踏み切れなかったのですが
今回は本気モードで現状調査し、必要なパーツを手配し作業手順をイメージし休日に決行です。

まずは、現状のダクトを確保します。
ここのカバーを外して
015_convert_20101114142508.jpg

ダクトを剥き出しにします。
016_convert_20101114142536.jpg

それから、ダクトを分岐後の取り出し位置に穴を開けます。
011_convert_20101114141955.jpg

014_convert_20101114142046.jpg

その穴から、ダクトを取り出します。
20101114_002.jpg


反対側にも穴を開けてダクトを通して行きます。

20101114_019.jpg

そして、ダクト全体を固定していきます。

20101114_027.jpg

で、完成です。

試運転の感じでは、かなり良いですよー!

ダクトを全開にすると、末端側の吹き出しがかなり減少しますが、ココを全開にして使う事は無いでしょう!
そんな事をすると、サウナ状態になってしまいますからね!

今年の冬がますます楽しみになってきました。

                               にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

最近急に   なってきました。

これからのキャンプでは FFヒーター が欠かせなくなってきますね

過去ネタですが、 ベバストヒーター の ダクト にちょっと気になることがあって以前メンテナンスをしました。

                 清水タンクをちょっと取り外してダクトをチェックです。

            20080211018.jpg     20080211019.jpg


                    ダクトの接している部分が焦げていました。

    
20080211020.jpg  20080211021.jpg  20080211022.jpg



私のキャンカーには、標準でベバストが設置されていたのですが各ダクトからの吹き出し風量がまちまちでちょっと気になっていろいろ調べた結果、ダクトが変形していたり、その抵抗のせいか部分的に熱だまりが出来てちょっと焦げていたりと不具合があったので対策を施しました。

その結果、風量も安定してなおかつ熱対策も施したので安心して暖房できるようになりました。

                      にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。