キャンピングカーのある生活

家族でキャンピングカーに乗って、お出掛けしています。

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、念願だったエアリフトの移設作業が完了しました。

朝から作業をするつもりが、朝から雨です。
お昼ご飯を食べた後、小雨位になったのですが、何時又降り出すかわからない状況なので、とりあえず出来る所までするつもりで作業開始です。

今回の作業の為に、色々下準備に時間を掛けてきたのですがやはり作業時間は結構掛かって結局作業時間は6時間位でした。

次は道具もあるし、要領もわかっているのでおそらく半分位で出来そうです。
まあ、することは無いはずですが・・・・(笑)

一番時間が掛かったのは、やはり穴あけですね。
とにかく硬い事と位置出しに時間が掛かりました。

後は下準備のおかげか、順調に作業が進みました。


肝心の試運転ですが、結構違う印象です。

ここ最近はエアリフト付(移設前)→エアリフト無→エアリフト付(移設後)とめまぐるしく
足回りの変化があったのですが、移設前と比べてもかなり違います。


今回の作業である所に問い合わせて聞いていた
”すべてお任せコース” の 1/6位の費用で出来ました。

内訳としては、特注ブラケット類 半分
       作業工具     半分
       作業費      筋肉痛     でした。

特注ブラケットは実測値から”CAD”で図面を起こして、
ネットで金属加工業者を探して発注しました。
希望ならメッキ仕様も出来るようです。

今は全身筋肉痛で、ロボットのように歩いています

さあ、これで安心してお出かけが出来ます。
009_convert_20100906072755_20100912213201.jpg
010_convert_20100906072813_20100912213201.jpg
0022_convert_20100906072936_20100912213200.jpg



一枚目 : 青空作業場?           二枚目 : 移設後           三枚目 : 移設前


                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
先日、三度目のリアデフからオイルが漏れた件で、今回リアデフ周りをリニューアルする事になりました。

これで、一安心です。(たぶん・・・・・・・)

006_20100607054051.jpg

                                    にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
このGW前に大変な事が起きていました。

実はリアデフよりオイル漏れが発生していたのです。
このオイル漏れは納車から実に3度目です。
もうすぐ納車から5年目とはいえまだ40000Kmをやっと超えたくらいの走行距離です。

カムロードベースのキャブコンでリアデフオイル漏れをよく耳にしますがこれほどの期間にこれほどの回数を発生している事例を
聞いたことがありません。

もううんざりって感じです。

  029_20100509221159.jpg 030_20100509221156.jpg

ちなみに、前回は
  811666818_62.jpg 811666818_117.jpg

どうにかならないものだろうか?


                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
最近、某ビルダーの話題でキャンカー関連のブログで話題が事欠かないですね!

最初は 何で?  と思っていましたが、だんだん情報が出てきてついにはリコール問題まで出てくるとユーザーとしては、不安な気持ちになってしまいます。

私もマイキャンカーには、少なからず不安に思っている所が幾つかありますが、最大の不安材料は
リアホーシング?辺りからのオイル漏れです。

        20080427002.jpg

        これは左リアタイヤの内側です。

これが、通常の状態ですが、反対の右リアタイヤの場合は・・・・・・・・

        20080427001.jpg     20080427004.jpg

ブレーキドラムの下部からオイルが漏れて、ホイールの内側全体にべったりです。

この状態になってしまうと、ブレーキドラム内のブレーキシューにオイルが染み込んでしまいブレーキの効きが極端に落ちてしまいます。

ただでさえ重量のあるキャンカーのブレーキの効きが落ちてしまうと、考えただけで怖いものがあります。

我が家のキャンカーは、もうすぐ4年目を過ぎてきますが、すでに2回このような状態になっています。
走行距離は4万キロ弱です。

今は保障期間内で無償修理してもらっていますが、この先自費修理になるとちょっとつらいものがあります。
まだまだ乗る気マンマンですが、維持費にコストが掛かり過ぎるとお出かけできなくなるのでちょっと考えてしまいます。

これは、何が問題なのでしょうねー?
ベース車両? ビルダー? 使い方?

ユーザーが安心して楽しめるキャンカーを作ってくれることを切に願います。

         にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
          にほんブログ村
先日、トヨタにて異音対策をしてからは、今の所不具合無く安心しているのですが

異音の発生源を調べていた時に、他に気になる所があったので対処しました。


                  フロントショック下部のボルトです。
                 (右が新品です)
                             
                       20081117002.jpg


                       左が取り外した物です。
            20081117003.jpg  20081117004.jpg

左右ありますが、右側だけこうなっていました。左側は何ともなさそうでした。
折損などはなさそうですが、このまま使い続けるのも気になる状態です。

定期的に、各部のチェックが必要ですね。


                      にほんブログ村 アウトドアブログへ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

最近、ネタが無いのでまたしても過去ネタですが・・・・・・

キャンカーでキャブコンの場合、カムロードベースが多いとは思います。
一部のMLで話題になっていたとは思いますが、スタビライザーに気になることがあります。

スタビライザーは、私も詳しくはないですが車がカーブを曲がる時に車体が傾くのを抑える働きがあるパーツだったと思います。
このパーツが、一部長さに問題があり何かの拍子に外れてしまう可能性があるようで、新しい車体には対策されたパーツが取り付けられているようですが、それ以前の車体にはそのままにされているようです。

メーカーとしては、リコール等のアナウンスは無いようです。

しかし、重心が高いキャンカーが今よりさらに傾く事は不安定な状態になり、万が一の事も考えなくてはなどと思ってしまうので、対策品に交換してもらいました。

いつも整備をお願いしているトヨタに行って交換をお願いしました。

いろいろお話をしたり、調べたりして時間が掛かりましたが何とか交換してもらいました。

    交換前の状態です。(見難いですが、固定している所から出ている長さが少ししかありません)
              20081108001.jpg  20081108002.jpg

             交換後の状態です。(長さが長くなっているのが分かると思います)  
              20081108005.jpg  20081108006.jpg

運転した感じは、まったく変わりないように感じましたが、これで安心して遠出をする事が出来るようになりました。

                      にほんブログ村 アウトドアブログへ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。